良評価

初心者 副業とお金

メルカリ良率99.9%の筆者が送る、メルカリで『良』評価をもらうための10のテクニック

更新日:

 

 

最近、スマホを使えば簡単に物を売ったり買ったりできる時代になりました。

 

ちょっと前までは物を売るには手間がかかっていましたが、今では写真を撮って説明を書くだけで簡単に出品することができるフリマアプリが流行りです。

 

そんなフリマアプリの中でも群を抜いて顧客数が多いのがメルカリです。

 

そのメルカリを利用して丸2年で1500件以上の評価(良率99.9%)の筆者が実践しているテクニックをお教えいたします。

 

 

『良』評価の証明

言葉だけで「良評価が多いです」と言っても説得力がないと思います。

そこでまずは私のメルカリでの評価の画像をお見せします。

 

メルカリ

 

このようにほぼ全てが評価となっています。

この中の普通評価2について説明しておきますと、

1件は無言のまま取引が進んで無言のまま普通をつけられました。相手は悪い評価の多い人でした。

 

テクニック1. 悪い評価が多い人とは取引をしない

ただこのテクニックはメルカリルールの『最初に購入された人と取引をする』に反しますので、オススメはしません

 

 

もう1件は初心者の人で普通だったから普通にした。というものでした。

 

フリマアプリなどの評価について

 

フリマアプリなど、ネット上での取引の評価については

『良』・・・問題のない取引

『普通』・・・トラブルがあったが対応してくれた

『悪』・・・トラブルがあったが対応してくれない

というのが一般的です。

 

これで実際に99.9%の良率を知ってもらえたと思います。

 

 

メルカリ

メルカリを運営しているのは株式会社メルカリで2013年2月1日に設立されました。

株式会社メルカリ(Mercari, Inc.)は、東京都港区に本社を置く日本の企業。フリマアプリ「メルカリ」のサービスを運営している。2013年に山田進太郎が株式会社コウゾウ(現・株式会社メルカリ)を設立、2016年に初めて黒字化した。

他に、地域コミュニティアプリ「アッテ」、本・CD・DVD専用のフリマアプリ「カウル」、ブランド品専門の「メルカリ メゾンズ」などのサービスを運営している。

出典:Wikipedia『メルカリ』

2018年6月19日に東証マザーズ市場に上場しました。

 

そんなメルカリですが、今ではヤフオクに迫る勢いで利用者数を増やしています。

ニールセン
出典:ニールセン『2018/05/31(データ)』

 

だからこそ今流行りのメルカリのテクニックを知っておくべきです

 

 

メルカリで『良』をもらうためのテクニック

メルカリのプロフィールの中には

「会話を楽しむつもりはないので基本無言です」

「会話したいなら他のアプリに行ってください」

などと書かれてことがあります。

 

これってとてももったいないことをしているな

と私は思います。

 

まず顔の見えないネット上での取引だからこそ言葉でのコミュニケーションは大事です。

 

機械が相手でないからこそ言葉は大事なのです。

機械が相手で良いならAmazonで購入すれば良いだけです。

そうではないフリマアプリケーションだからこそ言葉が大切なのです。

 

 

ということでまずは、プロフィールに書くことのテクニックからです。

 

プロフィール

自分のことを知ってもらうために必要なのがプロフィールです。

空白の人もいますが、ここはしっかり書いた方が相手も安心して取引してくれます

会社の面接で履歴書を空白で提出する人を採用したいと思いますか?

それと同じことです。

 

また、この中で「悪い」評価をつけた相手を吊るし上げている場合もありますが、それは絶対にやってはいけません

そんなことを書いている相手と取引したいと思いますか?

そう思わないはずです。

 

テクニック2. 感謝の気持ちを述べる

プロフィールの最初は感謝の気持ちを表します。

わざわざ自分のプロフィールを見てくれたことに感謝するのです。

「プロフィールをご覧いただきまして、ありがとうございます。」

などが一般的です。

 

テクニック3. 自分のルールを説明する

メルカリのルールでは外れてしまうようなルールを設定するときはその説明をします

 

例えば私の場合は『専用』というルールを指定しています。

こればフリマでよくある値引きやまとめ買いで話がまとまったときにその相手しか購入できないように『専用』というページを作っています。

このときは1枚目の写真を真っ暗にしたり関係ない風景にしたりすることで他の人が購入することを防いでいます。

他のフリマアプリのラクマのように購入申請を設定できれば、このような独自ルールを作る必要はないのですが・・・

 

その他、私はメルカリ便しか使用しないのですが、その理由を記載しています。

・個人情報を守られる

・配送時のトラブルは全額補償

・全国どこでも配送料が均一

というものです。

 

テクニック4. 感謝の気持ちを述べる

プロフィールの最後も感謝の気持ちで締めましょう

「最後まで目を通していただきまして、ありがとうございます。」

などとあれば、読んだ人も悪い気はしないはずです。

 

 

購入者のとき

メルカリを利用するならまずは購入から始めると思います。

そこで良い購入者と思ってもらえるためのテクニックを紹介します。

 

まずは購入前に値下げ交渉や質問があるときからです。

テクニック5. あいさつをする

はじめて言葉を交わす出品者なら「はじめまして。」、何回か言葉を交わしたことのある出品者なら「お世話になっております。」などの言葉からはじめましょう。

「おはようございます。」「こんにちは」「こんばんは」などのあいさつでも良いです。

 

そのあとに「コメント失礼いたします。」など加えることで相手に丁寧な印象を与えることができます

 

そして値下げ交渉や質問などをしましょう。

 

絶対にやってはいけないのが、挨拶もなしの値下げ交渉です。

いきなり「〇〇円でどうですか?」と言われていい気はしないでしょう。

 

最後もきっちり締めましょう。

値下げ交渉をしたときは

「ご検討のほどよろしくお願いいたします。」

質問をしたときは

「よろしくお願いいたします。」

と使い分ければ完璧です。

 

続いては実際に購入したあとのメッセージです。

テクニック6. 購入後も挨拶はしっかりする。

購入後メッセージを送るのは基本的に3回です。

 

購入直後

「購入させていただきました。

短い間ではございますが、最後までどうぞよろしくお願いいたします。」
 

発送後

「迅速な対応をしていただきましてありがとうございます。

到着いたしましたら連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。」

 

到着後

「本日到着いたしました。

この度は迅速で丁寧な対応をしていただきまして、ありがとうございました。

とても気持ちの良いお取引ができました。

また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。」

 

というような言葉を基本として購入者にあわせて言葉を足したり減らしたりしています。

 

 

出品者のとき

家の中で自分に必要がなくなったものがでたら、それは出品するチャンスです。

ただ出品するときも人と人とのやりとりなので、きちんと言葉で返す必要があります。

 

メルカリはフリマアプリなので、値下げ交渉はほぼあると思っても間違いありません。

 

そこでまずは値下げ交渉がきたときの返信のテクニックです。

テクニック7. 値下げ交渉のときもあいさつから

まず、自分が思ってもいないような値下げ金額を提示されたときはその相手をブロックしてもかまいません。

例えば、1万円で出品しているものに「3000円でしたら即決します。」のようなコメントがきたらどう思いますか?

どう考えても腹がたつと思います。そんな相手は今後も相手にしないことが一番です。だから『ブロック』するのです。

 

メルカリにはブロック機能がついているので、ブロックすれば相手が今後コメントしたり購入したりできなくなります。2度と取引したくない相手はブロックすることができます。

 

もし交渉の余地のある範囲内ならコメントを返しましょう。

「〇〇 様

はじめまして。コメントありがとうございます。

申し訳ございません。

現在、送料込み〇〇円でしたらお値下げ可能です。

ご希望に沿うことができず申し訳ございませんが、

ご検討のほどよろしくお願いいたします。」

 

テクニック8. 値下げ金額は決めておく

相手に値下げ交渉をされるとどうしても相手の希望金額にあわせてしまいがちになります。

そうならないためには出品する前にいくらまでなら値下げできるかあらかじめ決めておくのが一番です。

そうしないと自分が損をしてしまいます。ボランティアではないということをしっかり認識しておきましょう

相場に近い金額で出品していればいつかは売れます。

 

テクニック9. 出品金額の決め方

出品金額は自分が思った金額をつければ良い。と思っていませんか?

でもそれってとても損をします。

商品にはそれぞれ相場というのがあります。

そしてその相場は時間によって変化します

なのでその相場にあわせて価格設定をしないと損をします。

そこで価格の決め方なのですが、まずは出品する商品のAmazonでの金額を調べます。そこから1割ほど引いた額で出品するのがオススメです。

同じメルカリで調べる方法もありますが、相場があっていない場合が多々ありますので、オススメはできません。

 

続いては実際に販売したあとのメッセージです。

テクニック10. 販売後のメッセージもしっかりと

販売後のメッセージも購入したときと同じで基本3回です。

 

販売直後

「〇〇 様

はじめまして。

ご購入いただきまして誠にありがとうございます。

〇〇発送の予定です。発送までもうしばらくおまちください。

発送いたしましたら連絡させていただきます。

短い間ではございますが最後までどうぞよろしくお願いいたします。」

 

発送後

「先ほど〇〇で発送いたしました。

発送番号は〇〇〇〇となります。

到着までもうしばらくお待ちください。

よろしくお願いいたします。」

 

到着評価後

「無事、商品が到着したようで安心しました。

この度は迅速で丁寧な対応をしていただきまして、ありがとうございました。

またご縁がございましたら、よろしくお願いいたします。」

 

のような言葉を使いましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

言葉のやり取りをしっかりすれば評価はもらえます

その方法は相手の立場に立って、相手が嫌にならない言葉使いをするだけです。

相手の立場に立つという想像力があれば、相手に悪い印象は与えません。

そのことを知っていれば、メルカリで『良』は増やせます。

 

もしまだメルカリを始めていないようでしたら新規登録のところで

招待コード『HSXKKH』

と入れてください。

それだけで最大10,000円分のポイントが当たるくじ引き券がもらえます。

損はしないのでぜひ入力してくださいね。

メルカリ

 

実は私が『良』率99.9%なのはメッセージ以外にも色々なテクニックを使っているからです。

今回紹介した10のテクニックの他にさらにもう10個のテクニックを駆使しているのです

それを私のメルマガの中で紹介しています。

ぜひこちらから登録してくださいね。

 

今日のポイント

・人と人とのやりとりに言葉は非常に大切

 

 

The following two tabs change content below.
やま

やま

1975年香川県生まれ、香川県育ち、千葉県在住。 
絆商店 代表。 
座右の銘:一期一会 
 
サラリーマンとして順風満帆な生活を送っていたが、 親会社が交代し理不尽な仕事を押し付けられるようになる。

我慢して働いていたが、10年働いたことを機に転職。
ただ転職したことで給料が激減。
週末はアルバイトをして収入を確保することになる。

しかしそのアルバイト先も閉店してしまい、 次のアルバイトを探していたところで出会ったのが パソコンだけでできるネットビジネスである。

経験も知識もまったくなかった中で 偶然インターネットでひとりの人と出会う。

この出会いがきっかけで このビジネスのイロハを教えてもらえることとなる。

そんな信頼できるたったひとりの師匠のおかげで 今では空いた時間を少し使うだけで アルバイトをしていた頃と同じ生活ができている。

この教えを次の世代にも伝えるため メールマガジンを中心に情報を発信中。

それに加えAmazonで5年間店舗を出店。
現在流行りのメルカリでも 2年間で1000件を超える取引経験あり。

こちらの最新情報も合わせて発信中。

さらに詳しい情報がほしい方は こちらからご覧ください。
http://65351cee002899b1.lolipop.jp/web/6657/

-初心者, 副業とお金
-, , ,

Copyright© はじめてのパソコン副業 , 2019 All Rights Reserved.