給料日払い

その他 副業とお金

【元税務職員が徹底解説】副業で日払いの仕事はばれないか?

更新日:

「副業がバレないか?」

本業があり、ダブルワークを考えている方にとって、この問題は大きなポイントになりますよね。

副業禁止と就業規則で定められていなくても、副業を推進している会社でなければ、バレると何を言われるかわからないから、できれば黙っておきたいものです。

 

副業を隠し通すことで考えられるのが、『給料振込などの入金が確認できることを避ける』と思うかもしれません。

であれば、日雇いの肉体労働や登録制バイトで即日手渡し、などと謳っている仕事を選んだら、どこにも痕跡が残らず、隠せるのでは?と考える人がいます。

 

このような日払いの仕事を副業に選んだら、本当にバレないのでしょうか?

某市役所税務部門で徴収担当として働いた経験のある私が、この件についてお話させていただきます。

 

 

スポンサー:【月10万円の副業収入を“確実に稼ぐ”特別な無料プレゼント】

「パソコン副業の初心者」でも「月10万円」の副業収入を「確実」に稼ぐ為の方法が期間限定で無料公開されました。この方法は「たった一人の力」+「1日最短10分の作業」だけで「年間120万円の副業収入」が可能になるのが優れたポイントです。

月10万円の副業収入を堅実に稼ぎたい方は「期間限定公開」なので要チェックです。
■月10万円の副業収入を確実に稼ぐ為の方法はこちら

 

日払い・手渡しの仕事は本当にバレないから安心して副業できる?

結論から言うと、

日払いであろうと、手渡しであろうと、支払われた給料分は確実にバレます。

 

これは何も難しい話ではありません。

最近では給料振込みの会社がほとんどですが、数十年前は給料袋にお金を入れて支給されていたケースばかりでした(今でもそのような会社はあります)。

そのような頃でも、税務行政はなされてきましたし、給料を得た従業員には住民税や所得税が課せられていました。

 

今と何も変わらないのです。

このような観点から見ても、日払いだろうと取っ払いだろうと、税務署に把握されるのです。

 

では、なぜ副業をしていることが税務署にバレてしまうのか、それをお話します。

 

なぜ日払いでもバレるの?

会社はどの従業員に給料を年間どれくらい払ったかを給与支払報告書という書類で、税務機関に報告しなければなりません。

支払方法は銀行振り込みであろうと、日払いの手渡しであろうと関係ありません。

 

大阪市のHPにはこのように書かれています。

 所得税の源泉徴収義務がある事業主(給与支払者)は、法人・個人を問わず、前年中に支払った(支払いの確定した)給与について、給与支払額の多少にかかわらずアルバイト・パート、役員等を含むすべての従業員の給与支払報告書(総括表および個人別明細書)を作成し、従業員の1月1日現在(退職の場合は退職日現在)における住所地の市町村長に提出することが法令により義務付けられています。(地方税法第317条の6)

引用 大阪市 給与支払報告書の提出について

 

もし、給与支払報告書の提出を怠ったら、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が待っている、非常に重みのある書類です。

だから、日払いで給料を払った副業先は、必ずあなたに支払った給与分を提出します。

 

「日払いなら銀行に振り込むことがないので、バレない」と考えていたら大きな間違いだということがおわかりいただけたと思います。

 

でも、ここでよく考えてください。

これまでは、あなたが副業していることが税務署にバレただけで、会社にはバレていません。

 

ここから、なぜ会社にバレるのかを考えてみましょう。

 

どのようなケースが会社に副業していることがバレるのか?

確実にバレるのが、アルバイトやパートです。

 

本業で得ている給料やボーナスは税法上、給与所得というカテゴリーに入ります。

一方、日払いや手渡しの給料も同じく給与所得。

 

この場合、2社以上から給与を貰っている場合、合算されて税金の計算がされます

その時、あなたの本業の勤め先に、副業で得た所得の報告が必ずされます。

ここで副業していることが知られてしまうというわけですね。

 

2つ目は、無申告です。

黙っていたらバレない、ということは税務署や市役所の税担当課には通用しません。

もし、所得があっても申告しなければ、税務機関の調査により簡単に白日の下に晒されます。

(少し分野は違いますが、アフィエイトや物販などのインターネットで稼いだお金も、いつ・いくら支払われたかを特定することができます。)

その認定された所得と税額が会社に報告されるのです。

 

副業でバレないようにするには、バイトではなく、事業所得になるインターネットなどで稼ぐことを考え(詳しくは、副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法こちらをご覧ください)、

年間20万円以上の収入があれば、確定申告を行うこと(詳しくは、副業分の住民税を普通徴収で払うには?もし払わないとどうなる?をご覧ください)を心がけてください。

 

決して、手渡し日払いだったら足がつかないなんて甘いことを考えてはいけませんよ!

 

まとめ

残念ですが、日払いの仕事でも税務署や本業の勤め先にバレることがわかったと思います。

収入が少ないからダブルワークがしたい、でも、会社にバレたくないと思っていても、隠し通すことは至難の業(というより、オススメしません)。

最近は副業に関して、世の中が寛容になってきています。

だから、まずは会社に副業の許可を得ることを考えるのが、後々のことを考えると最も得策だと言えそうです。

The following two tabs change content below.
中野達也

中野達也

中野達也

1978年生まれ、大阪生まれ、大阪育ちの大阪在住。

安定した仕事を捨て、精神的に自由に生きることを選び、自由にお金を稼いで、毎日ノンストレスで生きている。


2004年、25歳で某市役所に入庁。

公務員として働くことに。

しかし、

・常に上から目線の同期

・お酒が弱い私に、無理やりアルコールを一気飲みさせる同僚

・酔うと暴力を振るう同期

・フロア中に響き渡るくらいの大声で罵声を浴びせる元暴走族の上司

・精神的にボロボロになるまで追い詰める係長

など、人間関係によるストレスが原因で、2012年うつ病になり、長期療養を余儀なくされる。

「もう二度とあの職場には戻らない。」

「しんどい人間関係とは無縁で生きていく。」

ことを決心。

自分を刃物で傷付けたい、命を断ちたいという、うつ病から来る衝動に駆られながらも、薬を飲みながら必死で耐え、生きていく道を模索。

そこで出会ったのが、パソコンだけで稼ぐことができる物販ビジネス。

「現状を変えるにはこれしかない!」と思い、病欠扱いになっていた公務員を退職。

ビジネス開始わずか2週間で最初の報酬を得る。

「これ、絶対できる!」

そう確信し、ビジネスに没頭した結果、1年後には毎月20万円を安定して稼げるようにまで成長。

今では毎月40~50万円を生み出す一方、副業で収入を得たい・会社勤めをせずにお金を手に入れたいという人たちの実践指導も行っている。

ブログでは副業として転売をしてみたいという初心者向けに、毎月5万円稼げるようになるテクニックを公開。

会社勤めをしているけど、給料が少なくて生活が苦しいので、空いた時間で転売やせどりでお金を稼ぎたいと思っているなら、今すぐアクセスしてください。

https://tenbai.bbs-joyful.net/
月10万円の副業収入を“確実に稼ぐ”特別な無料プレゼント

「パソコン副業の初心者」でも「月10万円」の副業収入を「確実」に稼ぐ為の方法が期間限定で無料公開されました。この方法は「たった一人の力」+「1日最短10分の作業」だけで「年間120万円の副業収入」が可能になるのが優れたポイントです。


今だけの「期間限定無料公開」のため、月10万円を「堅実」に稼ぎたい方は要チェックです。


無料プレゼントを今すぐ手に入れる

-その他, 副業とお金
-, , , ,

Copyright© はじめてのパソコン副業 , 2019 All Rights Reserved.