おすすめできない

副業分は確定申告しない→会社にばれるし、かなり痛い目に遭います

投稿日:2020年12月9日 更新日:

「会社には絶対バレない」「本業には黙っておこう」

副業をしていたら、このように思うことがあるかもしれません。

 

しかし、副業をしていたら、絶対に隠し通すことはできません。

 

就業規則で副業禁止となっていたら、会社と揉めることが考えられます。

また、確定申告をしなければ、それはそれで税務機関が100%見つけ出します。

 

この記事では、副業での所得は正しく確定申告しましょう、会社で副業禁止となっていたら、副業はやらないでおきましょうという、注意喚起のために書かせていただきました。

 

スポンサー:【月10万円の副業収入を“確実に稼ぐ”特別な無料プレゼント】

「パソコン副業の初心者」でも「月10万円」の副業収入を「確実」に稼ぐ為の方法が期間限定で無料公開されました。この方法は「たった一人の力」+「1日最短10分の作業」だけで「年間120万円の副業収入」が可能になるのが優れたポイントです。

月10万円の副業収入を堅実に稼ぎたい方は「期間限定公開」なので要チェックです。
■月10万円の副業収入を確実に稼ぐ為の方法はこちら

 

確定申告をしなければならない人とは?

法律上、確定申告をしなければならない人は、

給与所得が本業の会社のみで、他に副業(アフィリエイトや物販など)の所得金額が年20万円を超えている場合

給与所得が本業と副業(アルバイトなど)の2カ所以上ある場合

です。

 

会社員として、一つの会社だけで働いている場合、ほとんどの人は医療費控除や住宅ローン減税などを除いて、確定申告をしたことがない人がほとんど。

これは、税法上、確定申告をしなければならないケースに当てはまらないからです。

 

副業の所得が20万円を超えなくても、市申告が必要

副業をして、利益が20万円以下であれば、確定申告は不要です。

しかし、住民税申告を市町村役場にしなければなりません。

 

住民税の申告については、20万円以下など、所得の要件がありません。

極端な話、1円でも副業で利益があれば、市民税の申告義務が生じます。

(但し、確定申告をしたら、住民税の申告をする必要はありません)

 

確定申告は国に所得税の税額の決定のため、所得を申告する制度、

住民税申告は、市町村に住民税や国民健康保険料などの決定するために所得を申告する制度、

似て非なるもの。

 

副業の所得が20万円以下であっても、所得があるなら、必ず住民税の申告をしてください。

会社にバレたくない、税金を多く払いたくないから、副業分は確定申告しない、など、自分勝手な理由は通りません。

 

次に、なぜ、副業していることが会社にバレてしまうのでしょう?

それを考えてみます。

 

会社に副業していることがバレるのは、住民税額が違うから

会社は市町村に、誰にいくら給料を払ったかが記されている、給料支払報告書を毎年提出します。

給料支払報告書は提出義務があるので、会社は必ず市町村に提出します。

その記された給料額を基に、住民税を決定します。

 

この時、もし、会社が「Aさんは給料がこれくらいだから、住民税はいくらぐらい」と把握していたら・・・

副業の収入が多くなければ、住民税の額に大きな差がないので、気付かないかもしれません。

 

しかし、毎月の給料天引きの住民税額が1万円も違ったら、どうでしょう?

税額間違いかなと思って、会社は市役所に税額の確認のため、問い合わせをするかもしれません。

 

または、「住民税が去年より多いから、他に収入があるに違いない。」と会社側が思うことでしょう。

つまり、確定申告をすると、副業分の所得がバレるから、会社側に知られてしまう、ということです。

 

確定申告をしなければ、もっと怖いことになる

では、確定申告をしなければ、バレないと思うかもしれません。

でも、それは大きな間違い。

 

申告しない所得は必ずバレます。

そして、確定申告をしない=脱税なので、追徴課税や重加算税が追加された税額を納めなければならなくなります。

 

ここで、なぜ、副業で稼いだ所得はバレるか、ですが・・・

理由は色々ありますが、その中の一つをご紹介。

もし、あなたがAという会社でアフィリエイト報酬を得たとします。

この時、Aは確定申告であなたにアフィリエイト報酬を支払ったことを報告します。

でなければ、帳簿が合わないですし、経費として計上できないから。

帳簿が合わなければ、税務調査で指摘されますし、経費として計上しなければ、余分に税金を支払わなければならないから、会社も個人も正しく申告します。

 

2016年からはマイナンバー制度が導入され、銀行口座や勤め先の把握がより簡単になっています。

副業で得た収入を隠そうなど思ってはいけません。

 

まとめ

副業で収入があれば、20万円以上あれば確定申告、20万円を超えなければ、住民税申告が必要です。

隠せる、バレない、そう思っているなら、今すぐ考えを改めてください。

そもそも、所得を隠すことは脱税行為。

後で必ず痛い目に遭います。

そうならないためにも、必ず確定申告をしてください。

The following two tabs change content below.
中野達也

中野達也

中野達也

1978年生まれ、大阪生まれ、大阪育ちの大阪在住。

安定した仕事を捨て、精神的に自由に生きることを選び、自由にお金を稼いで、毎日ノンストレスで生きている。


2004年、25歳で某市役所に入庁。

公務員として働くことに。

しかし、

・常に上から目線の同期

・お酒が弱い私に、無理やりアルコールを一気飲みさせる同僚

・酔うと暴力を振るう同期

・フロア中に響き渡るくらいの大声で罵声を浴びせる元暴走族の上司

・精神的にボロボロになるまで追い詰める係長

など、人間関係によるストレスが原因で、2012年うつ病になり、長期療養を余儀なくされる。

「もう二度とあの職場には戻らない。」

「しんどい人間関係とは無縁で生きていく。」

ことを決心。

自分を刃物で傷付けたい、命を断ちたいという、うつ病から来る衝動に駆られながらも、薬を飲みながら必死で耐え、生きていく道を模索。

そこで出会ったのが、パソコンだけで稼ぐことができる物販ビジネス。

「現状を変えるにはこれしかない!」と思い、病欠扱いになっていた公務員を退職。

ビジネス開始わずか2週間で最初の報酬を得る。

「これ、絶対できる!」

そう確信し、ビジネスに没頭した結果、1年後には毎月20万円を安定して稼げるようにまで成長。

今では毎月40~50万円を生み出す一方、副業で収入を得たい・会社勤めをせずにお金を手に入れたいという人たちの実践指導も行っている。

ブログでは副業として転売をしてみたいという初心者向けに、毎月5万円稼げるようになるテクニックを公開。

会社勤めをしているけど、給料が少なくて生活が苦しいので、空いた時間で転売やせどりでお金を稼ぎたいと思っているなら、今すぐアクセスしてください。

https://tenbai.bbs-joyful.net/
月10万円の副業収入を“確実に稼ぐ”特別な無料プレゼント

「パソコン副業の初心者」でも「月10万円」の副業収入を「確実」に稼ぐ為の方法が期間限定で無料公開されました。この方法は「たった一人の力」+「1日最短10分の作業」だけで「年間120万円の副業収入」が可能になるのが優れたポイントです。


今だけの「期間限定無料公開」のため、月10万円を「堅実」に稼ぎたい方は要チェックです。


無料プレゼントを今すぐ手に入れる

-おすすめできない
-

Copyright© はじめてのパソコン副業 , 2021 All Rights Reserved.